前回の記事に初登場のモコちゃん
モコちゃんとの沢山ある思い出の中のひとつですが
DVC00877_20160904141041669.jpg

11歳で子宮蓄膿症の手術を受けた当時
3泊4日の入院から退院したモコちゃん
自宅に戻って3日目だったでしょうか・・・

お腹を縫ってた糸が半分無い!?
自分で外したん?
もちろんエリザベスカラー生活だったんですが
どうやって外したんやろ?

それよりも
またパックリ切った所が開いちゃったら大変やん!
ちゅう事で
慌てて病院へ連れて行って診てもらいました

また縫い直しするんかな?って
お裁縫みたいに簡単にはいかんよな?
また手術?
なんて色々と頭の中で妄想が膨らんでいたんですが

先生
ボンドでくっ付けましょう!

へっ!ボンド???
頭に浮かんだのは・・・工作用ボンド

すかさず先生が
医療用のボンドがありますからって

きっと私達の顔色を見て
工作用のボンドを想像してるってバレてたんだろね

で無事に処置も終わって

それから1週間後ぐらいだったかな?
抜糸の為に病院へ行ったら
またまた残ってた糸を自分で取っちゃってて
先生のする事が無かったという・・・モコちゃん

ワイルドだろ! (古っ!)

そんなモコちゃん
サーブと一緒に過ごした時間もあったんだよね
DVC00092_2016090811235297a.jpg
(以前のガラケーの撮影なので画像が悪くってすみません)

2007年9月26日に
腎不全の為17歳で空組に仲間入りしました
DVC00095_20160908112353844.jpg

あれから9年・・・
あっ!もうすぐ命日やん


スポンサーサイト
2016.09.08 Thu l 空組 l コメント (10) l top
サーブの夕散歩
今日も元気だ!立派なウ・・・止めとこう
下品に思われるやんな(すでに思われてる)

サーブが力んでる背後に
黒い物体(またかいな)
DSCN3204_20160726142736591.jpg

よ~~~く見ると
黒猫ちゃん
DSCN3202_20160726142735a15.jpg

違う日にも会いましたよ
DSCN3235.jpg

この子はご近所さんの飼猫で
時々見掛けるんですが
名前は知りません

黒猫と言えば 我が家のタンゴ
DSCN6735.jpg

2歳の若さでお空の住人になってしまい
昨日で(7月25日)2年が経ちました
今年はしっかり者のミケちゃんも仲間入りしたから
やんちゃが過ぎたら叱られちゃうぞ!

そんなタンゴが命を落とした原因がユリ
後で調べてみると
花も茎も葉っぱも生けてた水も飲んだら中毒を起こす
ワンニャンにとっては
と~っても危険な植物だったのです

知らなかったばっかりに
タンゴには可哀想な事をしてしまったのです

我が家と同じような悲しい思いをしない為に
他にも危険な植物や食べ物が
まだまだたくさんあるので
調べてみてはいかがでしょうか
タンゴからもお願いだじょ

参考までに

お見送りの日
黄色いひまわりの花をいっぱい持たせてあげたんだよね
黄色がとっても似合ってたよ
なので
今年は庭に咲いてた
黄色い花をお供えしました
DSCN3278.jpg

お空から見えてまっか~~~~~~
2016.07.26 Tue l 空組 l コメント (10) l top
お空へ逝ったミケちゃん
今日(7月2日)四十九日を迎えました
DSCN0411_20160702140633916.jpg

お空での生活も慣れてきた頃でしょう

そんなミケちゃんの
またまた未公開写真
親バカ~にお付き合いくだせえまし

日付を見ると
今年のバレンタインデーの日(何も関係ないけど)

ブラインドの間から外を見るミケ
DSCN2354.jpg

ウチのブラインド
DSCN2348.jpg

ホコリが積もってる!(自信もって言うな)

それもそうだけど

左右の端っこが折れ曲がってる
DSCN2343.jpg

ちゅうのも
フクちゃんとミケちゃんが若かった頃
夜になると追いかけっこをして
ブラインドの裏へ逃げ込んだりしてたら
折れ曲がってしまって
戻らんようになってしまった

それが今でもそのまんまですねん

母ちゃん それより
掃除した方がいいでしゅよ~
DSCN2351.jpg

・・・ですな

2016.07.02 Sat l 空組 l コメント (14) l top
昨日はサーブのフェラリアのお薬を貰いに
病院へ
サーブの場合は体重が40㎏超えてるから
お薬一個の値段も お高いので
貧乏な我が家では一年分をまとめて
な~んて ムリムリ
なので毎月!あるいは2カ月分づつ貰いに行くのです


病院へ向かう道
何度も何度も
ミケを連れて通った道

あれから・・・もう一カ月なんや
DSCN0225.jpg

病院では院長先生が顔を見せてくれて
「その節は力及ばず申し訳無かった・・・」と

もうね
熱い物がこみ上げてきちゃいましたよ



そこで(どこで?)
ミケちゃんの未公開写真
季節の移り変わりをブログネタにしようと思って
撮ってた写真なんですが・・・

左手でミケちゃんを抱っこして
レンズの向きは
この辺かな?ちゅう具合で
右手でデジカメのシャッターを押したもんですから・・・


3月・・・満開のサクランボの花
DSCN2556.jpg

ミケちゃんボケボケやし
洗濯物がバッチリ写ってるし~

4月・・・サクランボの実が色付き始めてます
DSCN2789.jpg

ミケちゃん半分切れてるし~

5月・・・食べごろのサクランボ
DSCN2846.jpg

この頃は
ミケちゃんの体調が悪くって
一緒に写真撮れんかった

そして・・・お空へ逝っちゃった


そうなんだけど・・・・


今でもひょっこり顔を出してくれる
DSCN0233.jpg

そんな気がすんねんけどなぁ~


2016.06.14 Tue l 空組 l コメント (16) l top
今日(6月18日)は2回目のうちの子記念日!
のハズだったんだけど
主役のタンゴは・・・居ない

DSCN6690.jpg

ご存知の方もいらっしゃると思いますが
去年の夏
シロピーがお空に旅立った時に
お供えしてあったユリの花
タンゴには届かない場所にお供えしてあったんですが
数日経って花ビラが床に落ちてたんです
それを齧ってしまい
タンゴは命を落としてしまいました

ユリの花がニャンコにとって
こんなに危険な植物とは!?
後で調べてみると
ユリは花も葉っぱも茎も
生けてた花瓶の水を飲んでもダメだそうです

知っていれば防げた事なのに
私の「知らなかった」で
タンゴが犠牲になりました

DSCN7312.jpg

この事を周りの人に話すと
「え~!?ユリってそんなに毒なの!?」って
驚かれる人が多くって
ネギやチョコがダメなのはご存知の方も多いのですが
ユリが危険な事を知らない人が
まだまだ大勢いらっしゃるようです

タンゴの死を無駄にしない様に
ねこ様にユリは危険だよ!!と発信すると共に
この機会に
ユリだけじゃなくて
ワンニャン達に危険な植物や食べ物が
まだまだありますから
改めて皆様が調べてみるきっかけになればと思います

参考までに

他にも関係したサイトがあるからチェックしてみてにゃ~
タンゴからのお願いだじょ

2015.06.18 Thu l 空組 l コメント (22) l top